まつげのこと

まつ育のやりかた

更新日:

まつ育でしてはいけないこと

まつげの負担になることは全てダメです。マツエクなんて以ての外です。どんどんまつげが抜け、細く弱くなってしまいます。目を擦るのもNGのです。クレンジングの際には優しく丁寧に洗い流しましょう。またビューラーもとてもまつげを痛めます。しっかりまつげをあげたい方で、下方向に引っ張りながらカールしていく方法がいいと言っている方がよくいますが、あれはNGです。確かにまつげは綺麗にカールするけど、まつげも痛み、まぶたも引っ張ることで年齢を重ねると垂れてきてしまいます。決して引っ張らずに優しく力を入れずにビューラーをしてください。

まつ育のポイント

目を擦るのもNGだから、クレンジングで優しく洗ったけどなかなか綺麗に落ちない…という場合があります。これではマスカラやアイシャドウの汚れがまつげや毛穴に入り、衛生的ではなく、まつ育どころではないので、そんな時はポイントメイク専用のクレンジングを使用すると擦らなくても綺麗にスルッとアイメイクが落ちるのでおすすめです。あとは、マスカラを選ぶ時はお湯でオフできるタイプのものを選ぶようにするとなおいいです。

まつ育でまつ毛美容液を使うときのポイント

まつげ美容液をマスカラを塗る時と同じように塗る方が多いと思いますが、これは違います。もちろんまつげを強くする為にまつげ自体に塗ることも大切ですが、必ず根元に塗るようにしてください。※この時まつげ美容液が目に入らないように注意してください。まつげを強く、長くするには根元が1番大切なのです。毛先がいくら強くなっても根元が弱いとそこから抜け落ちてしまいます。根元が強いと、次に生えてくるまつげも強いので。塗る時に意識してみてください。

Copyright© 【まつげ美容液徹底比較】まつ毛美容液のおすすめはコレ!人気まつげ美容液ランキングと口コミ評判まとめ , 2019 All Rights Reserved.